コンドームの通販

薄いコンドーム

コンドームの薄さに対するユーザーの願望は強く、その願望に応えるべくコンドームのメーカーも薄いコンドームの開発と製造には並々ならぬ努力を重ねてきています。

薄いコンドームの開発競争は、先ずオカモト株式会社が2003年に発売した0.03mmの薄さのコンドームから更に激しくなってきています。

オカモト株式会社の0.03mmの薄さのコンドームは世界で最初に開発された薄いコンドームで、日本の技術力が結集された製品でした。

この当時としては0.03mmの商品は極限の薄さと言われていましが、この商品開発が後の0.02mmや0.01mmの薄さのコンドームの開発に繋がっていくことになります。

0.03ミリのコンドーム

薄いコンドームの先駆けになったのはオカモト株式会社の0.03mmのコンドームで間違いありません。

この薄さのコンドームの人気は発売当初から凄まじく、多くの愛用者を瞬く間に掴んでいきました。

この人気が薄いコンドームの開発競争に火をつけ、他のコンドームメーカーも0.03mmの商品開発、あるいは、0.03mmより更に薄いコンドームの開発に取り組みました。

コンドームが使用中に破けない、外れない等の基本的な安全要素を満たしながら薄いコンドームを製造することはかなり難しいようで、各メーカーとも商品開発には長い時間がかかるようです。

現在0.03mmの薄いコンドームを発売しているのはオカモト株式会社とジェクス株式会社および不二ラテックス株式会社、中西ゴム(株)で、0.03mmの薄さの商品は簡単には作れないようです。

0.02ミリのコンドーム

オカモト株式会社が0.03mmの薄さのコンドームを2003年に新発売し、ユーザーの目が薄いコンドームに傾注され出した頃、相模ゴム工業はまだ0.03mmの商品は開発出来ていませんでした。

相模ゴム工業はオカモト(株)の0.03mmに勝る商品開発に取り組んだであろう事は容易に想像できます。

そして、相模ゴム工業は2005年に世界最初の薄さ0.02mmのコンドーム〔サガミオリジナル002〕の製造に成功しました。

オカモト株式会社も相模ゴム工業の0.02mmの薄いコンドームに対抗すべく、商品開発に取り組み2009年の8月に0.02mmのコンドーム〔0.02EX〕を新発売しました。

ジェクス株式会社でもポリウレタン製の無臭で熱伝導率が良く相手のぬくもりを感じやすく耐油性や耐水性に優れる0.02mmのコンドームを発売している。

技術的に薄いコンドームの製造は難しいものと考えられ、オカモト株式会社が0.03mmのコンドームの発売から6年後に更に薄い0.02mmのコンドームの製造にこぎつけています。

薄ければ薄いほど製造は難しいものになるものと考えられます。

0.01ミリのコンドーム

相模ゴム工業株式会社は2014年9月に0.01ミリのコンドームを他社のどこよりも早く製品化にこぎつけ新発売しました。

それから遅れること数ヶ月でオカモト株式会社も0.01ミリの極薄の商品を新発売しています。

両社共に同じようなタイミングで0.01ミリと言う極薄のコンドームを新発売していますが、この極薄商品の製造は更に難しいのか両社共に十分な供給が出来ていません。すなわち、需要に供給が追いつかない状態が続いています。

そして、0.01ミリのコンドームの販売価格は0.02ミリや0.03ミリの商品に比べてかなり高価となっています。

それでも、旺盛な需要があると言うことは、薄いコンドームに対するユーザーの人気が集中しているからだと考えられます。

 

コンドームとバレない通販 日本のコンドームメーカー こっそりと買いたいコンドーム
ゴクアツのコンドーム ロングプレイに役立つコンドーム 薄いコンドーム
小さいサイズのコンドーム 大きいサイズのコンドーム 特殊加工が施されているコンドーム
香り付きのコンドーム オカモトの0.01 サガミオリジナル001
薄いコンドームの開発競争 業務用と呼ばれるコンドーム 避妊ゼリー付きコンドーム
コンドームを使う時の注意点 コンドームの使用期限 コンドームの保管方法
コンドームの表と裏 コンドームで失敗しない注意点 装着が簡単なコンドーム
避妊に失敗する理由 ローションの効果 避妊の方法
生に近い0.01 オカモト株式会社 相模ゴム工業株式会社
不二ラテックス株式会社 中西ゴム工業株式会社 ジェクス株式会社
ジャパンメディカル株式会社 サガミ002の販売価格の比較 メーカー別コンドームの通販価格
inserted by FC2 system