コンドームとバレない通販

コンドームの表と裏

コンドームのメーカーでは個包装の小さな袋の上にオモテ(女性側)と記載してあったり、個包装の表面と裏面の色を変えたりして、コンドームの表と裏が判別し易いようにしています。

また個包装の表の面と裏の面の手触りの感触が異なるような小袋を使用していて、ザラザラした面が表側(女性側)と判るようにして、暗闇の中でも表と裏を間違わないようにしているケースもあります。

サガミオリジナル0.01ミリや0.02ミリのようにブリスターパックに個包装されているものは、開封して上になっている方が表側(女性側)となっていますので、暗闇でも表と裏の判別ができるものもあります。

メーカーが表と裏に拘る理由は、コンドームを正しく使用して、避妊や感染症予防の目的を十分果たして貰いたいからで、正しく装着しない使い方で避妊、感染症予防の目的が果たせなくなることを防ぐためです。

実際問題、表(女性側)と裏(男性側)を逆にしてペニスに装着しようとした場合にはスムーズな装着はできません。

コンドームの表と裏のもう一つの見分け方

コンドームを個包装から取り出し、ちょっと見るだけではどちらが表(女性側)か裏(男性側)か判りにくいものです。

コンドームは巻き上げられた状態で個包装されており、中央部分には精液だまりと言われる小さな突起状部分が付いていますが、巻き上げられてリング状になっている部分が外側になっている方が表(女性側)です。

コンドームの表(女性側)を外にしてペニスの上に置き、リング状の部分をペニスに沿って巻きおろすとスムーズにペニスの根元までに被せることができます。

もし、表と裏を逆にしてペニスの上に置いた場合には、リング状の部分をペニスの根元に向かってスムースに流れるように巻きおろすことが出来ません。

この表と裏の見分け方は、目視ですので明りが必要ですが、暗闇の中で見分ける時には巻き上げられたリング状の部分を指の上で少し巻きおろし、スムーズに巻きおろすことができれば表が外側になっていると確認できます。

慣れれば簡単に表と裏を見分けられますので、いろいろな状況下での表と裏の見分け方をマスターしておきましょう。

表と裏を間違えた時の注意点

コンドームを装着する時に、表と裏を間違えたままペニスに装着しようとするようなことが有り得ます。

表と裏を間違えて勃起した状態のペニスに被せようとして間違いに気付いた時には、そのコンドームは思い切って捨てるようにしましょう。

勃起したペニスからは少しですがカウパー氏腺液(我慢汁)が出ており、その中に精液が含まれていて、コンドームを裏返して被せると精液が女性の中に入ることになります。

また、性感染症の予防効果も果たせないものとなりますので、裏表を間違えて装着しようとしたコンドームを裏返して付けることは絶対に止しましょう。

 

inserted by FC2 system